私たちは、地域に密着した企業でありたいと願っています。

規模の大きさや収益にとらわれず、
細やかさ、心配りを大切に「街づくり」をしています。

また、時代の変化に合わせて商品展開や売り方のルートを見直したりと、
何よりもお客様のニーズにこたえられることを基本としています。

私たちの仕事は、お客様との信頼関係あってこそ。
どんなにコンピューターが発達しても、“お客様との触れあい”は大切な時間です。

それはこれからも変わらないことだと考えています。

株式会社西幸

NISHIKO Co.,Ltd.

会社名株式会社西幸
所在地本社・太田営業所
〒373-0012
群馬県太田市清原町6番2号
TEL 0276-37-8351 FAX 0276-37-8350
高崎支店
〒370-0004
群馬県高崎市井野町1316-1
TEL 027-362-5601 FAX 027-363-0314
創業明治44年1月8日
設立昭和25年4月1日
資本金8,800万円(払込資本)
代表者代表取締役 西田和生
取引銀行群馬銀行 太田支店
アイオー信金 韮川支店
みずほ銀行 足利支店
建設業者登録群馬県知事(般-29)第474号
従業員数33名
事業内容
  • 建築用各種板ガラス
  • 複層ガラスなどの特殊板ガラス
  • ガラスブロック
  • 各種樹脂板
  • 住宅用及びビル用アルミサッシ
  • ストアフロント
  • 鏡、ショーケース
  • 強化ガラスドア
  • 自動ドア
  • 高性能外壁パネル
  • システムキッチン
  • 浴室ユニット
  • 各種ブラインド
  • 以上の関連商品の卸売、加工並びに設計・施工
主な取引先群馬県内を主としたガラス販売業者、建材販売業者、建築業者、材木業者、ほか
主な仕入れ先リクシル(トステム、イナックス、サンウエーブ、東洋エクステリア、新日軽)、旭硝子(株)、住友ベークライト(株) 住友化学(株)、三洋電機(株)、三和シャッター(株)、 文化シャッター(株)、ニチベイ(株)、ほか

沿革

1911年1月8日群馬県新田郡太田町にて芥陶磁器商として初代西田幸七が個人営業を開始する。
1934年旭硝子㈱と特約店契約を締結し板ガラス商として関東地区一円に商圏を広げる。
1939年前社長西田家隆が家督相続し営業を継承する。
1950年4月1日より、事業発展のため、株式会社組織に変更する。
1964年東洋硝子㈱を設立し、㈱西幸商店より加工部門を分離。6月に浜町に営業所を開設し、板硝子その他卸部門を移転。資本金700万円に増資。
1969年10月25日㈱西幸に社名変更をする。
1972年11月1日に本社を浜町38-17に移転する。
1974年事業拡張に伴い、高崎センターを新設する。
1986年ニシコープラスチック販売㈱を設立、樹脂部門を分離し各種プラスチック材料の販売を強化する。
1987年資本金を8,800万円に増資する。11月に西田幸隆が代表取締役社長に就任、西田家隆が、代表取締役に就任。
1992年太田流通団地に新社屋を設立し、移転する。

お気軽にお問い合わせください。0276-37-83518:30 - 17:30 ※土日・祝日除く

メールでお問い合わせ